技術書典6で頒布される『Tech Do Book #1』に記事を寄稿しました

技術書典6で頒布される『Tech Do Book #1』に、『Go+Echoでウェブページをフェッチするツールを作る』という記事を寄稿しました。

技術書典とは

技術書典は、個人または団体が製作した技術書を頒布することを目的としたイベントです。
技術書典では「ITや機械工作とその周辺領域について書いた本」のことを「技術書」として定義しており、そのジャンルはソフトウェアやハードウェアから科学・工学全般まで多岐に渡ります。*1
言わば、エンジニアのためのコミケのようなものです。

技術書典6は、2019年4月14日に池袋サンシャインシティで開催されます。

Tech Do Book #1について

弊社は今回の技術書典6にシルバースポンサーとして協賛しており、エンジニア有志によって製作された『Tech Do Book #1』の頒布も行ないます。

『Tech Do Book #1』には、以下の10個の記事が掲載されています。

  • EPUB Generatorをつくろう
  • やさしいEPUB入門
  • Goによるはじめてのスクレイピング
  • Go+Echoでウェブページをフェッチするツールを作る
  • Apache POIとヒープの生きる道
  • Vue.jsの始め方
  • 爆速Flutter入門
  • AWSサーバ構築入門CloudFormation
  • セッションを自動killするPLSQL
  • 暗号の基礎

この中の『Go+Echoでウェブページをフェッチするツールを作る』が、僕が書いた記事です。
これだけの記事が掲載されているため総ページ数は168ページにも及び、およそ教科書ほどの厚みがあります。

技術書典当日について

僕はスタッフとしては参加しませんが、おそらく一般参加者として会場には行くと思います。
池袋サンシャインシティで、僕と握手!

ダウンロード版もあります

BOOTHで、ダウンロード版を無料配布中です。