ムニエルブログ

ムニエルのブログ

一人旅 2018 Summer〜埼玉県川口市〜 プロローグ

毎年恒例(にしていきたい)の一人旅!
記念すべき第1回は、僕の生まれ故郷である埼玉県川口市を旅してきました。
この記事では主に、事前準備の模様をお届けします。

テーマ

今回のテーマは「故郷の魅力を再発見する旅」です。
僕は、1994年に生まれてからの12年間を川口市で過ごしました。

こうして大人になった今改めて川口を旅することで、当時は気づかなかった川口の魅力を再発見することが主な目的です。

川口市とは

川口市は、埼玉県の南東部に位置する市です。
荒川を隔てて東京と接しており、埼玉から東京に通勤・通学する「埼玉都民」が多く住んでいます。
市外からはJR京浜東北線JR武蔵野線でアクセスでき、市内の移動には埼玉高速鉄道線埼玉スタジアム線)や国際興業バスが利用できます。
埼玉高速鉄道線は、埼玉スタジアムがある浦和美園駅から、東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅までを南北に走る地下鉄です。

かつては鋳物や植木などの産業が盛んで、1964年の東京オリンピックでは、川口の鋳物で聖火台が作られました。
今では宅地化が進み、さいたま市に次いで県内2位の人口を誇っています。

川口市では「お願い 住んで 川口市」というプロモーションを行なっており、『秘密結社鷹の爪』のFROGMANによる自虐的なPR動画が話題となりました。*1

この動画に登場するきゅぽらんは川口市のマスコットキャラクターで、鋳物に使うキューポラがモチーフになっています。

川口市出身の著名人には、シンガーソングライターの工藤慎太郎、タレントの椿彩奈、お笑い芸人の長谷川俊輔(クマムシの歌うほう)、シンガーソングライターで俳優の星野源などがいます。

事前準備

今回の旅をするにあたって、僕は事前準備を入念に進めました。

ネットで川口市の情報を調べる

以下のサイトで川口市の情報を調べ、行きたい場所や宿泊先の候補を探しました。

『モヤモヤさまぁ〜ず2』の川口回を観る

僕の好きなテレビ番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』では、2014年と2018年の2回、川口市を訪れています。

録画していた番組を再度見直して、気になるスポットを探しました。

スケジュールを組む

調べた情報をもとに行き先や宿泊先を決め、スケジュールを組みました。
その際、移動時間が20分のところを30分とするなど、時間に余裕を持たせることで不測の事態にも対応できるようにしました。

次回予告

次回は、1日目の模様をお届けします。


埼玉県のひみつ (学研まんがでよくわかるシリーズ 地域のひみつ編)

埼玉県のひみつ (学研まんがでよくわかるシリーズ 地域のひみつ編)

  • 作者: 望月恭子,おだぎみを,彩の国さいたま魅力づくり推進協議会
  • 出版社/メーカー: 埼玉県
  • 発売日: 2015/07/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る